TOP > 移住情報TOP
移住情報

青森県で暮らしたい!

子育て・教育

保育所数(0~5歳人口当たり)は全国で一番多く(※1)、保育所待機児童はゼロ(平成26年4月1日現在)です。そのため、安心して子どもを預けて働くことができます。

また、県内には60校の大学、短期大学・高等専門学校、専修・各種学校があり、将来を担う子ども達が幅広い知識を身につけられる教育環境が整っています。

girl001.jpg

大学 11校 生徒数 15,022人(大学院生を含む)

短期大学・高等専門学校 6校 生徒数 2,592人

専修・各種学校 43校 生徒数 2,828人

高等学校 96校 生徒数 39,064人

※1 総務省「統計でみる都道府県のすがた2014」

※2 青森県教育委員会「平成26年度学校一覧」

医療

青森県における病院数(平成25年10月1日現在)は、101施設で、人口10万対では7.6施設(全国6.7施設)、また、病床数は、17,916床で、人口10万対では 1,342.0床(全国1,236.3床)となっており、病院数・病床数共に全国平均を上回っています

住宅支援

生活支援

就労支援 移住支援

その他


青森県に住みたい

青森県の住宅の平均価格は、17,100円/㎡(※1)と全国で2番目に安く持ち家比率や持ち家住宅の延べ面積(1住宅当たり)は全国的にも上位となっています。

また、世帯主の通勤時間は、平均で20.2分と、東京都の43.8分(※2)に比べ半分以下となっています。

※1 出展:国土交通省「平成26年都道府県地価調査」

※2 出展:総務省「平成25年住宅・土地統計調査」

公営住宅

公営住宅には、県営住宅と市町村営住宅があります。

県営住宅の入居には、同居又は同居しようとする親族があること(60歳以上の方や障害をお持ちの方など、単身でも入居が可能となる場合があります。)、所得が定められた基準の範囲内であることなどの入居者資格を満たしている必要があります。

民間住宅


青森県で働きたい!

平成22年10月1日現在の就業者の産業3部門別構成

第1次産業  81,042人(12.7%)

第2次産業  127,978人(20.1%)

第3次産業  423,318人(64.5%)

産業別の構成割合でみると、第3次産業に区分されている「卸売業、小売業」が最も高く16.3%、次いで、「医療、福祉」が11.7%となっています。

また、本県の特徴として、農業・林業就業者は、全就業者の11.4%を占めており、全国の3.7%の3.1倍、漁業就業者は1.3%で全国0.3%の4.3倍です。

就職

創業・起業

農業・林業・漁業・畜産業

上部へ

上部へ