移住者からのメッセージ

奥入瀬の美しさと温泉に惹かれ、民宿をそっくり丸ごと購入!

   

2017年4月 5日:更新

移住者からのメッセージ

プロフィール

   

温泉民宿 南部屋経営 田村暁さん

1976年3月12日生まれ。大学時代にバックパッカーとして世界各地を旅行。2009年に海外秘境系旅行会社に就職し、秘境ツアーの企画・添乗員として活躍する。しかしハードな仕事に体の心配を覚え、温泉宿の経営へと方向転換する。現在は愛犬2匹と生活。

髱呈」ョ遘サ菴・逕ー譚代&繧貼_YKT8771_R.jpg

40歳を機に温泉宿の経営を決心

大手海外秘境系の旅行会社に勤めていた田村さんが、第二の人生の地として選んだのが十和田市。それは偶然ネットで探し当て〝居抜き〟で購入した民宿「南部屋」だった。
「お客さんを連れていく仕事から、出迎えてもてなす側の仕事をしたくなって......。40歳を機に温泉宿を経営しようと思い立ち、温泉付きの物件を探していたところ、ここが売りに出されていることを知ったんです」

髱呈」ョ遘サ菴・逕ー譚代&繧貼_YKT8710_R.jpg
青森ヒバの香りが心地いい浴室。湯の花舞う微白色濁り湯をかけ流し。

宿を購入する前に泊まりに来て、すっかり気に入りました。

宿名や設備は基本的にそのまま使い、申し込んだ市の補助金で畳替えをし、浴場を青森ヒバに改装した。

「決め手はまず温泉でしたね。湯の花たっぷりの良質の湯が源泉のままかけ流し。購入する前に泊まりに来て、すっかり気に入りました」

trm_YKT9014_R.jpg
時々息抜きに足を運ぶ「奥入瀬湧水館」。湧水館2階には「ネイチャーエクスペリエンス グリーンハウス」があり、アウトドアガイドの村上周平さんとも会話が弾む。

近くには十和田湖、奥入瀬などの美しい自然も

さらに古民家だったことや近くに十和田湖、奥入瀬などの美しい自然があることなどが選ぶ理由になったという。オープンは2016年4月30日。まだ宿を切り盛りするのに一生懸命でのんびり生活を楽しむ余裕はないと笑うが、最近は近くの「奥入瀬渓流館」などで地元の人や同じく移住してきた人と、交流を深めつつある。

trm_YKT8881_R.jpg

この記事は雑誌「男の隠れ家 2017年4月号(発行:株式会社三栄書房)」に掲載された記事を再構成したものです。


  
Message移住者からのメッセージ

最新記事

ワクワクする毎日を手に入れました

様々な仕事を経験した後、6年前に「チャーリーズジャム」を開店。「毎日がワクワク」という生活を手に入れるまでの道のりとは?

2017年8月11日:更新

課題の分だけ可能性がある

29歳のときに、首都圏のテレビ番組制作の第一線から、弘前に帰郷し「りんご農家」になった高橋さん。行動を後押ししたのは地元に対する愛情だけでなく、課題のある地域だからこその「可能性」があったという。

2017年8月11日:更新

よそ者の視点と行動力を、街の力に!

八戸市の市民集団「まちぐみ」の組長ことアーティスト・山本耕一郎さん。 国内ばかりか世界を舞台に活躍してきた山本さんが、八戸市を拠点に選んだ理由とは?

2017年8月11日:更新

豊かな海と渓流をフィールドに家族で自然を満喫する日々

2017年4月 5日:更新

関連情報

ワクワクする毎日を手に入れました

様々な仕事を経験した後、6年前に「チャーリーズジャム」を開店。「毎日がワクワク」という生活を手に入れるまでの道のりとは?

2017年8月11日:更新

課題の分だけ可能性がある

29歳のときに、首都圏のテレビ番組制作の第一線から、弘前に帰郷し「りんご農家」になった高橋さん。行動を後押ししたのは地元に対する愛情だけでなく、課題のある地域だからこその「可能性」があったという。

2017年8月11日:更新

よそ者の視点と行動力を、街の力に!

八戸市の市民集団「まちぐみ」の組長ことアーティスト・山本耕一郎さん。 国内ばかりか世界を舞台に活躍してきた山本さんが、八戸市を拠点に選んだ理由とは?

2017年8月11日:更新

豊かな海と渓流をフィールドに家族で自然を満喫する日々

2017年4月 5日:更新

上部へ