移住者からのメッセージ

豊かな海と渓流をフィールドに家族で自然を満喫する日々

   

2017年4月 5日:更新

移住者からのメッセージ

プロフィール

   

青森フィッシングガイド 西本匡さん

1975年8月23日生まれ。大学卒業後は都内で会社員に。2005年に八戸に移住し、さらに2006年11月に階上町に転居する。
会社員をしながら起業家養成講座を受講。
その後、県内のベンチャービジネスプランコンテストで優秀賞を受賞し、2015年6月に「青森フィッシングガイド」を起業。

trm_YKT8206_R.jpg

35cmのヤマメも青森ではびっくりすることでもないんです。

「こっちに来て間もない頃、35㎝のヤマメを釣ったんです。他では一生に一度釣れるか、という大きさ。でも青森ではびっくりすることでもないんです」と満面の笑みで話す西本さん。
八戸市近郊の海や奥入瀬渓流などを中心に「青森フィッシングガイド」を展開。
階上町に転居して9年目に起した事業で、釣りの手配、ガイドなどを行っている。

trm_YKT8356_R.jpg
地元産の新鮮な魚介類や野菜が豊富に揃う「道の駅はしかみ」。

結婚を機に階上町の一戸建てを購入

サラリーマン時代は仕事の都合で都内や各地を転々としたが、父親が岩手県八幡平に移住を計画をしたことから、自然好きの西本さんも近くの八戸へ転職・移住。さらに結婚を機に階上町の一戸建てを購入した。

34_IMG_8115_1_R.jpg
奥入瀬渓流でフィッシングをする西本さん。「釣りは仮説と検証の繰り返しです。それが面白い!」。星野リゾート奥入瀬渓流ホテルのガイドも担当している。

青森には恵まれた釣り場がたくさん。釣り好きには天国ですよ(笑)

「ここは海にも山にも近いし、とにかく穏やかで美しいところ。青森には恵まれた釣り場がたくさんあるんですが、釣り人口が少ない。だから釣り好きには天国ですよ(笑)」

trm_YKT8485_R.jpg
階上町で生まれたお子さんたち。自然の中でのびのびと育っている。


この記事は雑誌「男の隠れ家 2017年4月号(発行:株式会社三栄書房)」に掲載された記事を再構成したものです。


  
Message移住者からのメッセージ

最新記事

ワクワクする毎日を手に入れました

様々な仕事を経験した後、6年前に「チャーリーズジャム」を開店。「毎日がワクワク」という生活を手に入れるまでの道のりとは?

2017年8月11日:更新

課題の分だけ可能性がある

29歳のときに、首都圏のテレビ番組制作の第一線から、弘前に帰郷し「りんご農家」になった高橋さん。行動を後押ししたのは地元に対する愛情だけでなく、課題のある地域だからこその「可能性」があったという。

2017年8月11日:更新

よそ者の視点と行動力を、街の力に!

八戸市の市民集団「まちぐみ」の組長ことアーティスト・山本耕一郎さん。 国内ばかりか世界を舞台に活躍してきた山本さんが、八戸市を拠点に選んだ理由とは?

2017年8月11日:更新

豊かな海と渓流をフィールドに家族で自然を満喫する日々

2017年4月 5日:更新

関連情報

ワクワクする毎日を手に入れました

様々な仕事を経験した後、6年前に「チャーリーズジャム」を開店。「毎日がワクワク」という生活を手に入れるまでの道のりとは?

2017年8月11日:更新

課題の分だけ可能性がある

29歳のときに、首都圏のテレビ番組制作の第一線から、弘前に帰郷し「りんご農家」になった高橋さん。行動を後押ししたのは地元に対する愛情だけでなく、課題のある地域だからこその「可能性」があったという。

2017年8月11日:更新

よそ者の視点と行動力を、街の力に!

八戸市の市民集団「まちぐみ」の組長ことアーティスト・山本耕一郎さん。 国内ばかりか世界を舞台に活躍してきた山本さんが、八戸市を拠点に選んだ理由とは?

2017年8月11日:更新

豊かな海と渓流をフィールドに家族で自然を満喫する日々

2017年4月 5日:更新

上部へ