青森はどんなところ?|青森県・市町村紹介|あおもり暮らし|青森県移住・交流ポータルサイト
TOP > 青森県・市町村紹介 > 青森はどんなところ?

青森はどんなところ?

青森って、こんなとこ!


本州最北の青森は、地域や四季によってまったく異なる表情を見せるワンダーランド。

地形が気候を左右し、歴史がさまざまな文化・コミュニティを形成し、
アイデンティティとして根付いています。

じょっぱり(頑固者)だけど情に厚い。そんな青森県民の気質を育む風土をご紹介します!




気候

年間平均気温11.0度。冷涼で過ごしやすい青森は、全国的にも台風が少ない地域として知られています。三方を海に囲まれ、奥羽山脈が県内を二分しているため、地域によって気候が大きく異なります。例えば、冬は冷たく湿った空気が奥羽山脈にぶつかって津軽地方に多量の雪を降らせますが、山脈が障壁となり、太平洋側は乾燥した晴天の日が続きます。また、夏はヤマセの影響を受ける太平洋側で低温・多湿の日が多くなります。月別の平均気温に大きな差は見られませんが、最深積雪量を比較すると一目瞭然。西側はスキー、東側はスケートが盛んといったように、ウィンタースポーツにも違いが見られます。

青森の言葉

青森と言えば、他県民には難解な独特の方言やイントネーションが魅力のひとつ。「津軽弁」「南部弁」「下北弁」に大別されます。共通する部分はあるものの、受ける印象が異なる青森の言葉。会話をしていると聞き慣れない単語も多く、はじめのうちは戸惑うこともあるかもしれません。そのときは「方言が分からないのでゆっくり話してほしい」と相手に伝えることも大切です。

位置・地形

本州の最北端に位置しており、緯度で言えばニューヨークや北京、ロンドン、マドリードなどとほぼ同じ北緯40.5度。北は北海道との間にある津軽海峡、東は太平洋、西は日本海に面しており、岩手県・秋田県と隣接しています。
変化に富む地形を象徴するのが、中央にそびえる奥羽山脈の北端・八甲田山です。これを挟んで日本海側には白神山地や津軽半島、太平洋側には八甲田山系東部の丘陵台地と下北半島があり、青森の気候を二分しています。中央部には青森平野が広がり、さらに津軽半島と下北半島に囲まれるように陸奥湾があり、航行する船を見ることができます。

青森県の

郷土に関する意識調査によれば東北随一の人見知り。一方、打ち解けるとすぐに会話が弾むと言われる青森県民。自分たちが思う青森県民のイメージは「がまん強い」が64.1%と高く、次いで「まじめ」が48.0%。そのほか「素朴」「世話好き」「保守的」といった意見が多く、温和で照れ屋な「東北人気質」と「じょっぱり」と言われる旧来の頑固さが、青森県全体の県民性として根付いている様子がうかがえます。

豊かな 自然

世界自然遺産の白神山地や、十和田八幡平国立公園、平成25年に創設された三陸復興国立公園などの自然公園が点在する青森県。奥入瀬渓流や弘前城の桜など全国的に有名なスポットも多く、こうした自然が、豊かな人間性を育みます。

農林水産業

農業や漁業など一次産業が盛んな青森。変化に富む気候と地形、豊かな水が大地の恵みをもたらし、県を囲む3つの海は漁業・養殖業に最適。八甲田山や白神山地などの森林資源を活かした林業ではハイテク技術の導入で労働負担の軽減を図るといった取り組みが行われています。

夏祭り

about_02.png about_03.png
about_01.png

夏は、冷涼な気候の青森が最も「熱く」なる季節。青森の三大ねぶた祭りをはじめ、下北半島最大の「田名部まつり」や、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録された「八戸三社大祭」など、故郷を愛する人たちの情熱が人々を魅了します。

温泉地

温泉地数・湧出量ともに全国4位(平成28年3月末現在)を誇る青森県には、各地に名湯・秘湯があります。千人風呂とも呼ばれる混浴大浴場が有名な酸ヶ湯温泉や陸奥湾を望むリゾート・浅虫温泉など、県内にいても足を運びたくなる温泉がたくさん。

about_04.png

全国屈指のりんごの生産地である青森県ですが、ほかにもニンニクやながいも、ホタテ、言わずと知れた大間のマグロなどが生産されるまさに食材の宝庫。こうした食材を使った郷土料理も数多く、暮らしの知恵から生まれた味として各家庭で親しまれています。

歴史・文化

国内最大級の集落遺跡である特別史跡「三内丸山遺跡」をはじめとする縄文遺跡群が数多く遺されています。また、太宰治や棟方志功、寺山修司などの文化人を輩出した地域でもあり、そうした人々の軌跡から歴史の奥深さを感じることができます。

上部へ