横浜町

上北地域

市町村紹介

32横浜町差替.jpg山海の恵み ふれあいの里 横浜町

周囲を海や山など豊かな自然に囲まれた町。縦に長いため、海・山・里が近いのが特徴。5月には町の代名詞として知られる「菜の花」を求め、多くの人々が町外・県外から訪れます。農業・漁業が主要産業で、冬に解禁される横浜なまこは地域のブランドとして人気を博しています。

写真:町の主要産業農業体験(稲刈り)
yokohamamachi_osusume.png

お問い合わせ・関連リンク

担当課名:企画財政課
住  所:上北郡横浜町字寺下35番地
電話番号:0175-78-2111
メール:koho@town.yokohama.lg.jp

横浜町【移住・定住情報へ】
横浜町【HPのトップ画面へ】



移住情報

支援施策情報

  • 生活支援/出産支援 施策地域:横浜町

    出産祝金を支給します!|横浜町

    概要

    ※令和5年度の施策です。
    次世代を担う子どもの健全な育成や若者の定住促進を図るため、出産祝金を支給します。
    【祝金の額】
     10万円

    対象者

    【交付対象者】
     ☆出産日1年以上前から継続して住民基本台帳法に基づく町の住民基本台帳に記録された保護者。ただし、1年  を経過しないときは、出産日前及び出産日以降を通じて1年以上継続して町に居住し出産届を行い、かつ生まれた子の住所が町の住民基本台帳に記録された保護者。
     ☆各種料金の滞納がないこと。                      ~etc

    連絡先
    横浜町福祉課
    0175-78-2111
    URL
    https://www.town.yokohama.lg.jp
  • 生活支援/子育て・教育支援 施策地域:横浜町

    子ども医療費助成制度|横浜町

    概要

    【通院】
    ・0歳~18歳(高校生まで)
    ・一部負担額 無料(保険診療の自己負担分)
    【入院】
    ・0歳~18歳(高校生まで)
    ・一部負担額 無料(保険診療の自己負担分)
    ※入院時食事療養費は全額自己負担
    【所得制限】
    なし

    対象者

    ①対象となるお子さんの保護者は、「受給資格証」の交付申請が必要です。
    ※各制度で措置を受けられている場合、また18歳以下の有職者は対象外となります。(各制度→生活保護等)
    ②町では、受給資格等を判定し、対象者に「受給資格証」を交付します。
    ③県内の医療機関等で受診する際は、必ず保険証と「受給資格証」を一緒に提示してください。
     原則、保険診療適用分(保険の対象となる分)の一部負担金について窓口での支払いは生じません。
    ④県外の医療機関等では、子ども医療費助成の手続きが適用されないため、保険証を提示し、一部負担金等を窓口でお支払ください。
    ⑤県内・県外の医療機関等において支払いをした保険診療適用分(保険の対象となる分)の一部負担金については、後日請求できますので、受診した月の翌月から4カ月以内に領収書、受給資格証、保険証、通帳、印鑑等を福祉課まで持参し、申請してください。

    連絡先
    横浜町福祉課
    0175-78-2111
    URL
    https://www.town.yokohama.lg.jp
  • 住宅支援/その他 施策地域:横浜町

    住宅建設費の一部補助|横浜町

    概要

     補助金は、住宅建設に要する費用とし、下記に定める額とします。
    ・住宅建設費(併用住宅は店舗・事務所等に専有する床面積の金額は除く)の100分の3以内の額。
    ・町外からの転入者の補助金の限度額は60万円とし、町内在住者が取得する場合の限度額は30万円とする。
    ・交付対象者が若者夫婦(40歳未満)の場合は、補助限度額の金額に40万円を加算した額とする。

    対象者

    【対象となる住宅】
    ・令和6年4月1日以降に建設(建設の場合、完成引き渡しを受けた時点を、売買取得した場合にあっては、契約成立
     時点)した専用住宅または併用住宅。ただし、令和6年1月1日から令和4年3月31日までに建設した住宅も特例と
     して認める。(引き渡しから3ヶ月以内の申請に限る)
    ・玄関、居室、便所、風呂及び台所を備え、床面積が50平方メートル以上である住宅。
    ・併用住宅の場合は、店舗の床面積を除いた住宅部分の床面面積が50平方メートル以上である住宅。
    ・新築した住宅について、この補助金以外の国又は地方公共団体等の補助金等の交付を受けない住宅。
    【対象となる者】
    ・定住を目的として新築住宅の建設を行う方。
    ・2年以上継続して定住する意志がある方。
    ・世帯全員に町税、その他の使用料等の滞納がない方。
    ・生活保護の住宅補助を受けていない方。
    ・新築住宅に住民登録をしている方。
    ・町内会に加入できる方。
    ・本補助を今まで受けていない方

    連絡先
    横浜町建設水道課
    0175-78-2111
    URL
    https://www.town.yokohama.lg.jp
支援施策一覧を見る

住まい情報

  • 該当するものはありません
住まい情報一覧を見る

上部へ