地域おこし協力隊

【南部町】地域おこし協力隊員を募集します!

 南部町では、令和2年9月に開設した「南部町国際交流センター」での外国人への日本語教室の開催及び多文化共生に向けた地域づくりに取り組む人材を地域外から誘致し、その定住・定着を図り、地域力の維持・強化及び地域の活性化を促進するため、次のとおり「地域おこし協力隊」を募集します。

P4170056.JPG

募集人数

 1名

募集期間

令和3年11月1日(月)~ 令和3年12月27日(月)

活動内容

(1)外国人への日本語教室の運営及び実施

   ・日本語教室の運営

   ・近隣市町村の外国人を対象とした日本語教室の実施

   ・活動内容の情報発信

(2)外国人の生活・定住支援

   ・外国人の生活支援

   ・ゴミの分別や防災など外国人住民向けセミナーの開催

(3)外国人と町民との交流イベントの企画・実施

   ・外国人と町民との交流

   ・日本文化理解

   ・異文化交流国際イベントの開催

   ・地域イベントへの参加

   ・SNSを活用して地域資源や活動の情報発信など

(4)任期終了後、町内への定住に向けた活動

   ・起業・就業の準備

募集対象

(1)三大都市圏又は都市地域等(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない市町村)に住民票を有し、採用後は南部町に住民票を異動させ居住できる者

(2)日本語教師の資格を有する者

 次のうち、いずれか1つを満たしている者

  ①大学・大学院で日本語教育を専攻した者

  ②4大卒+日本語教師養成講座(420時間以上)を修了した者

  ③日本語教育能力検定に合格した者

(3)概ね20歳以上の心身ともに健康な者

(4)国際交流に興味のある者

(5)コミュニケーションが図れる者

(6)普通自動車運転免許証を有する者

(7)パソコン操作ができる者

(8)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない者

活動場所

 南部町内

勤務時間

 活動日は原則として月曜日~金曜日の週5日とし、活動時間は1日につき7時間45分とします。

雇用形態・期間

 会計年度任用職員として任用します。

 ※委嘱期間は、委嘱の日から令和5年3月31日までとし、活動に取り組む姿勢、事業成果等により年度ごとに更新します。

 ※委嘱期間は最長3年とします。

給与・賃金等

 初年度の報酬は、月額171,700円を支給します。

 ※期末手当あり(条件を満たした場合)

 ※時間外手当あり(上限あり)

待遇・福利厚生

 住居は町が借り上げ貸与します。

 ※転居に係る費用、住居に関する光熱水費等の各種使用料は個人負担となります。

 ※活動に使用する自動車及びパソコンは町が貸与します。

 活動に必要な消耗品及び旅費は予算の範囲内において町が負担します。

 社会保険等(健康保険、厚生年金)に加入します。

申込方法

 応募用紙に必要事項をご記入のうえ、下記提出先まで提出してください。

 ※日本語教師の資格を証明できる書類、普通自動車免許証の写し、健康保険書を添付してください。

選考方法

 (1)第1次選考(書類選考)

   第1次選考の結果については、文書で全員に通知します。

   第1次選考の合格者には、第2次選考の案内を併せて送付します。

 (2)第2次選考(面接) ※1月下旬予定

   庁舎での面接を予定していますが、状況によりオンラインとする場合があります。

   ※第2次選考に要する交通費は、個人負担となります。

 (3)選考結果の通知

   第2次選考の結果は、文書で全員に通知します。 ※2月上旬予定

   ※任命予定日は、令和4年4月1日です。

詳細はこちら

 南部町役場ホームページ
 http://www.town.aomori-nanbu.lg.jp/index.cfm/12,19565,60,236,html

上部へ