パンフレット

青森県全域

[公式]青森県UIターンガイドブック2023

[公式]青森県UIターンガイドブック2023

青森県へUターンや移住を考えている方むけの情報が詰まったガイドブックです。

★冊子版をご希望の方は、画面左下に出ている【資料請求はこちら】(青い森さん)をクリックし、資料請求フォームから、コメント欄に「ガイドブック希望」と記載のうえ、お申し込みください。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
制作:あおもり移住・交流推進協議会
発行:令和5年8月


畜産業で働く!Work Style  ≪青森県庁畜産課≫

畜産業で働く!Work Style  ≪青森県庁畜産課≫

青森県では、農業産出額のうち、畜産関係が約3割を占め、米やリンゴとともにとても重要な産業となっています。畜産業は、自然や動物と触れ合いながら働ける仕事の一つであり、人が生きていくうえで、なくてはならない食物をつくる、とても社会的な意義ややりがいのある産業です。

一般的に畜産は、家畜を飼い、肉や乳製品、卵などを生産・販売することだと知ってはいるけれども、仕事としてどんなことをしているのか、どんな人達が働いているのか、具体的にイメージできる人は少ないのではないでしょうか。

また、昔は、親から子へ、家業を継いで働く「就農」が主でしたが、今では、畜産企業が増えて、「就職」、いわゆるサラリーマンとして働いている人も多く、畜産業で働くといっても多様な働き方があります。

そこで、本冊子では、畜産業についてもっとよく知ってもらうために、実際にそれぞれの現場で働いている様々な人達を紹介します。

その人達の働き方を通じて、畜産業に興味を持ってもらえれば幸いです。

■2020年3月発行
青森県農林水産部畜産課
企画管理グループ
電話:017-734-9495


アオモリリモートワーク

アオモリリモートワーク

コロナ禍において急速に発展したリモートワーク。自身の働き方や暮らし方を考えるようになった方も多いのではないでしょうか。
そんな中、青森県はリモートワーカーを受け入れる環境が整ってきています。都会にはない、青森県ならではの環境の中、リモートワークしてみませんか?

---
●発行日/令和4年3月
●お問い合わせ
青森県地域活力振興課 移住・交流推進グループ
TEL 017-734-9174(直通)
FAX 017-734-8027
E-mail ijukoryu@pref.aomori.lg.jp


先輩移住者100名に聞きました 青森暮らしのあるある

先輩移住者100名に聞きました 青森暮らしのあるある

青森県の先輩移住者100名へのアンケート結果をまとめた「青森暮らしのあるある」を発行しました!

青森県の基本情報(気候、食、祭り、方言、文化など)をはじめ、青森県で実際に生活してみないとわからない驚き、不安、楽しみなどリアルな体験談を包み隠さず大公開!!

青森県での暮らしをイメージできる一冊となっていますので、ぜひ一度ご覧ください。

---
●発行日/令和3年5月
●お問い合わせ
青森県地域活力振興課 移住・交流推進グループ
TEL 017-734-9174(直通)
FAX 017-734-8027
E-mail ijukoryu@pref.aomori.lg.jp


青森移住者インタビュー|だから、青森で暮らしています。(H30.3初版発行、R3.3第2版発行)

青森移住者インタビュー|だから、青森で暮らしています。(H30.3初版発行、R3.3第2版発行)

青森県へUターンや移住された方に聞いた、青森のしごとのコト・住まいのコト・暮らしのコトを、1冊にまとめました。

Uターンや移住する際、一番気になるコト…。
それは、青森県での「仕事」のコト。
実際、青森県へUターンや移住した方の中には、
新たに農業を始めた人や
新幹線通勤によって大好きな青森ぐらしを叶えた人、
青森の地域産業を受け継ぐ若者がいれば、
青森を拠点に東京でも活躍する人も。
中には、首都圏の企業に入社し、青森で働く「未来の働き方」に挑戦している人もいます。

そんな生業となる仕事をしながら青森ぐらしを満喫する9名のリアルな声をお届けします。

---
●発行日/平成30年3月
●お問い合わせ
青森県地域活力振興課 移住・交流推進グループ
TEL 017-734-9174(直通)
FAX 017-734-8027
E-mail ijukoryu@pref.aomori.lg.jp 

1/2ページ目

エリアで探す

上部へ